個人でも会社でも誹謗中傷対策はネット社会では今や当たり前のものに

個人での誹謗中傷対策や悪口の削除依頼 会社や経営するお店のネットの書き込み
個人 会社
SNSのFacebookやTwitterでのトラブル 風評被害や問題を起こさなためには?
SNS 風評被害

マーク



今ではネットを使用するすべての人が誹謗中傷対策を考える時代です

パソコンやタブレット、iPhoneやAndroid携帯のスマートフォンなどで誰もが手軽にSNSやTwitterやFacebookやブログなどのインターネットにアクセスする事ができる時代になりました。
自分が思っている事を自由に公の場で発言する事が可能になり、フレーズそのものがとても気軽に行なえるようになりました。
誰かの発言に共感することもあれば、誰かの軽率さに対して不快感を感じてしまう事もあります。 誹謗中傷対策がそれと共に必要不可欠な時代に変化しています。 日常生活では面識のない人に突然親しげに話す事もありませんし、不躾に書き込みで失礼な事を言う事などはありません。 それでも、オンライン上では面識のない人と突然そのようなコミュニケーションが生まれてしまう事が多々あるのが現実です。 普段の日常生活では会話する事すらないはずの隔たりを超えた関係性は魅力的に感じる事もあります。 しかし、相手とは面識がないために、無責任に振る舞ったとしても自分に害が及ばないという身勝手な考え方をする者もいます。 ネット上のコンタクトでは、現実のコミュニケショーンとはプライバシーの面でも異質な特性を多く持っています。 それをよく理解した上で活用しなければ、削除依頼をしても様々なトラブルに巻き込まれてしまう事も多々あります。 普段から楽しくSNSで知り合った人と会話していたのが、ある日突然心ない一言で傷つけられてしまう事もあります。 その一言のみならず、誹謗中傷対策をしていても2ちゃんねるの掲示板など書いた内容が残る場所に嫌がらせ的な内容の悪口を書き込まれてしまう事すらあります。 ケースによっては名誉棄損や肖像権の法律的に問題を弁護士に相談し裁判で法廷で解決していかなくてはならない状態まで拡散してしまう可能性もあります。

誹謗中傷対策をネットでしなくてはいけない理由は?

では、どのような事が発端で嫌がらせの書き込みをされてしまうのか、また、そのようなネットの誹謗中傷対策の方法はあるのでしょうか。
こういった悪い対象になる発端は、幾つかのパターンがありますので、その傾向をひとつずつみてみます。
まず、普段の日常生活の中で身近な人とトラブルになった事が発端になるケースです。 単に目に見てわかるトラブルだけでなく、一方的な思い込みや妬みなどによる影響もあります。 この状況では、トラブルになった当事者しか知りえない事が書かれている事が多いため、書き込んだ人物が特定可能です。 法律に沿って削除依頼を求めるなど抗議し、応じなければ法的手段に訴える意志を伝える事で、誹謗中傷対策が出来る可能性があります。 次に、ネット上で知り合った人とのやり取りでトラブルに発展しまう事が発端になるケースです。 この場合、トラブルになった相手とは実際には面識がない時もありえます。 必要以上に自分の個人的な情報を相手に了承し伝えると、感情的にばら撒かれてしまう危険があります。 普段から、面識のない人間との2ちゃんねるや掲示板やTwitterやInstagramブログでのコミュニケーションには適度な距離を保つ事と、悪口が産まれるような不用意な情報は与えない事です。

トラブルや被害を最小限に食い止めるネットでの誹謗中傷対策

万が一、何等かのネットでのトラブルで相手が嫌がらせやクレームの書き込みを匿名で始めた際には、その事が書き込まれたサイトの管理者に通報します。
管理者はその内容が適切でない判断できる内容であれば、管理者権限で凍結をするなどの対応をしてくれるはずです。
さらに相手が削除された後にも同様の投稿を続けるようであれば、無料ブログやサイト管理者に相手のアカウントを削除依頼を要請します。 特定のアカウントが解除されてしまえば、相手が新たなアカウントでも作って繰り返さない限りは誹謗中傷対策が可能です。 もし、サイト管理者に希望通りの対応をしてもらえない時でも、相手に直接話しかけるのは油に火を注ぐ原因にもなります。 その際は、地元の警察署にこういった被害を受けた事で被害届を受理してもらうようにします。 ただし、書き込みの内容に脅迫的な内容があったり、自宅住所などが書かれたり、法律でも名誉毀損にあたる内容があるケースなどです。 口喧嘩程度であれば、誹謗中傷対策といっても警察は原則民事不介入という事で、取り合ってもらえない事が多いです。 次に、特定と人とトラブルになった記憶がないにもかかわらず、何者かの憶測での嘘が発端となるケースです。 この場合、YouTubeやネットでの過去の会話や2ちゃんねるの掲示板にアップしたプライバシーの写真に対して個人的に不快感を感じて根も葉もない憶測や悪口を書き始めるのが原因です。

ネットで一気に拡散してあっという間に炎上してしまう前に誹謗中傷対策

周りの人にも同意を求めたりして一緒に誹謗中傷をネットで呼びかけたりする法律に反した悪質なケースもあります。
このシチュエーションは首謀者にあたる人を特定する事が難しい時もあります。
この場合も、個々に嫌がらせをする書き込みをする相手に反応しては油に火を注ぐことになります。 やはり、サイト管理者に良くない信憑性も低い内容の投稿を削除依頼します。 サイトの一部分にあまりにも多くのコメントが短時間で集中していまう事態になった場合その一部分を対策として閉鎖してもらえる事もあります。 次に、自分自身の発言や行動そのものに問題発言や行動があって、それを咎める悪乗りのクレームが集中するケースです。 世の中には色々な価値観があり、2ちゃんねるや掲示板での思想の自由が認められています。 しかし、無責任な記載は色々な人の感情を傷つける事もあり、その事で非難される事も少なくありません。 これは、自分の発言や行動に反省するべき点もあるわけですので、周りが過剰に反応したとしても、まずは非を認めるべきです。 個々のコメントにひとつひとつ謝罪するのではなく、ひとつの自発的な意見の記事として行なうようにします。 非を認めた上でも悪口や誹謗中傷が続くようであれば、無料会員制のニコニコ動画やブログやネットでのプライバシーの侵害などの対策として相手の過剰な行為としてサイト管理者に相談します。

正しい知識がなければネットでの誹謗中傷対策が裏目に出ることもある

以上のように、誹謗中傷対策の基本的としては、2ちゃんねるのネット掲示板に自ら書き込んで言い訳したりアクションを起こす事は避ける事です。
書き込む側は感情的になっている場合が多いので、それにどんな事を書き綴っても、相談をしようとしても感情剥き出しで返答が返ってくるだけです。
よりエスカレートしてしまう事もありますので、サイト管理する運営者への削除依頼の対応をお願いする事で解決してもらえる事に期待します。 そして、普段から基本的なネチケットを守って、あまりにも奇抜な言動を避けるように努める事も大切です。 人に自慢したいという気持ちから次々と自慢げに書き綴っていくうちに、妬みをもたれたりするケースもあります。 読んでくれる人に対する配慮ができている意見というのは、トラブルに巻き込まれる事も少ないらしいです。 嫌がらせの標的になってしまうような、思わず眉をひそめてしまうな言動はしない事が法律に沿った誹謗中傷対策としては大切です。 万が一、悪口の書き込みをされたとしても感情的になって相手を逆に同じことをしてしまわないように注意が必要です。 正しい知識とネチケットを持って、こういったmixiやGoogle+、Amebaブログやネットでのプライバシーの侵害や情報漏洩の被害に合わないように日頃から心がける事も大切です。

このページの先頭へ